*ist DS2 国内発表。(デジカメWatch)

 というわけで国内発表来ました。やはり液晶が大型化したこと以外はハード面での変更点は無いようです。
 ソフト面ではISO自動ゲインアップの他、コンティニュアスAFが各種露出モードで使用できるようになりました。以前はシーンの「動体モード」でしか使用できなかったのですが、今回からシャッタースピード優先AEで使用できるようになったので、流し撮りに対応可能になりました。これはある意味液晶大型化より大きい変更点かも。旧DSもファームアップで使用できるようになるとよいのですが。
 というわけでハード的には志の低い製品ですが、これは*ist DLとの部材共通化によるコストダウン版という戦略であると考えます。ただ現在*ist DSの値段が下がりすぎて*ist DLと変わらなくなっているので、新機種投入による事実上の価格の引き戻しという側面もあったりしてむむぅ。