Optio S6 国内発表。

 8月に国外発表されていたOptio Sシリーズの600万画素版が登場。実売39,800円。
 おそらくEXILIM EX-Z500/S500と同じレンズを載せていると思われますが、今回このレンズもスライディングレンズだったことがわかりました。まぁどっちにしろレンズスペックは落ちてるんですが。主にマクロ。このレンズ使うくらいなら旧スライディングレンズを使用したOptio S60などのほうがよっぽどオススメだなぁ。
 動画に関して、世界で初めてDivXコーデックを採用。1GBのSDに標準画質で48分15秒も録画できます。ここ最近デジカメの動画にMPEG-4を採用している例が見られますが、実はISO MEPG-4ってプロファイルによってコーデックを選ぶんですよね。たとえば俺のもっているCyber-shot M1は、QuickTime6での再生には問題はないのですが、プロファイル相違で必ずエラーが出ます(ダイアログを消してから再生開始可能。QuikTime7以降なら問題なし)。このように今ひとつ使い勝手が確立されていないので、DivXというのはある意味正解かも。Windows版の純正コーデックはDirectShowフィルタだし。